埼玉県庁を知る

着実な⼈材育成

児童相談所に求められる役割は、時代と共に変化しています。そして、児童相談所で働く職員たちは、変化するニーズに対応し、⽀援に必要なスキルを磨かなければなりません。埼⽟県では、制度を整え、着実な⼈材育成を実⾏することにより、「時代が求める役割を果たせる児童相談所の職員」を増やし、あらゆる意味での"質の向上"を⽬指していきます。

着実な⼈材育成

階層別基本研修によって、埼玉県職員として職位に応じた能⼒を磨いていけることに加え、階層別選択研修により、⼀⼈ひとりのキャリア形成に必要な知識を補うことが可能。複合的な研修を通じて、スキル向上を図ることができます。

配属・人事異動・昇任

「どこで働くか?」については、適性や希望、居住地を踏まえ、⼀⼈ひとりのキャリア形成を考慮したうえで決定。性別や学歴にとらわれないフェアな選考による昇任がおこなわれます。

配属

合格後に任命権者が、希望する仕事や勤務地など、⼀⼈ひとりの意向を伺います。全員が希望通りとはいきませんが、可能な限り配慮。勤務地も⾃宅からの距離などを考慮したうえで決定されます。

⼈事異動

定期⼈事異動は、原則として毎年4⽉1⽇に実施。おおよそ3〜4年のスパンで⼈事異動がおこなわれる組織です。なお、「⾃⼰申告制度」により年に1回、異動希望調査をおこない、職員の意向を尊重していきます。

昇任

採⽤されると「主事」または「技師」からの(⼀部、「主任」職から)スタートとなり、その後の昇任は勤務成績を総合的に判断。性別や学歴にとらわれない、フェアな選考がおこなわれます。

新規採⽤職員指導員制度(ブラザー・シスター制度)

新規採⽤職員が、スムーズに業務に臨め、県職員として⾃覚と職務遂⾏能⼒を早く⾝につけていけるよう、配属組織内で"⽐較的年齢の近い先輩職員"が指導員となり、指導とフォローにあたります。児童相談所の仕事は経験がモノを⾔うだけに、先輩たちの⾔葉⼀つひとつに⼤きな価値を⾒出せることでしょう。

県独⾃の研修プログラム

埼⽟県では、早くから「児童相談所の仕事と役割」に向き合うことで、様々なノウハウを蓄積。職種ごとに段階的な業務習熟をおこなえる独⾃の研修プログラム確⽴へと落とし込んでいます。その都度、職種を横断した研修を⾏うほか、外部研修、⾃主的な勉強会なども交えながら、児童相談所職員としてスキル向上を図れる環境が⽤意されています。

所長
インタビュー

時代の要請に応え、
いつの時代も⼦供を守る。

菊池 陽吾
南児童相談所勤務、所⻑

所長
インタビュー

時代の要請に応え、
いつの時代も⼦供を守る。

かつての⾮⾏や不登校と同じように、現在は虐待相談の割合が増加しており、児童相談所が取り組むべきテーマは少しずつ変わっています。当然、新たな課題に対応する職員のスキル向上と体制変更が求められますし、その都度、児童相談所のあるべき形がアップデートされていくのも必然です。蓄積してきたノウハウを活かし、充実した研修で「今、活躍できる職員」を育成していきます。この柔軟さと先進性も、埼⽟県が持つ強みと⾔えるでしょう。 もちろん児童を⽀え、その家族を⽀えるという「⽀援」の想いは、いつの時代も変わりません。ご⼊庁を⽬指す皆さんには、「⼦供たちのために」という原点はぶらす事なく、研修や現場業務を重ねる中で、得意とする領域を⾒つけて欲しいと思います。とはいえ、やはり⼤事なのは経験。最初からパーフェクトな振る舞いは求めません。じっくりと「あなただからできる仕事」に誇りを⾒出してもらえたらと思います。