仕事内容を知る

児童福祉司職員採用選考

児童福祉司(職員採用選考)は昭和37年4月2日以降に生まれた方(59歳未満)が対象です。※

※令和3年4⽉1⽇現在

児童相談所の職員として勤務し、児童福祉に関する様々な相談に応じて、調査・支援・指導といったケースワークに従事する「専門職」です。

児童福祉司
(採用区分)
とは?

担当する業務

児童相談所のケースワーカーとして、児童の養育に関する支援を担当します。異動先は各児童相談所であるため、専門性を極める働き方を志向できるはずです。業務内容は福祉職採用で児童相談所に勤務する職員と同様です。

勤務場所などの説明

埼玉県内に設置された7つの児童相談所のうち、いずれか一つが勤務地に。居住地や通いやすさを踏まえた配属をおこなう方針です。

福祉職との違い

福祉職の場合、児童相談所以外に、本庁勤務で事務や運営に関わる場合もありますが、児童福祉司の職員採用選考により採用された職員は、原則として児童相談所のみで勤務します。(埼玉県の人事異動方針に基づき、他の勤務課所へ異動となる場合があります)

具体的な
仕事内容

児童相談所

18歳未満の児童に関する様々な相談業務を担当

  • 保護者の入院や死亡、失踪による養育の困難、虐待や養子縁組に関する相談
  • 乳児の発達や疾患といった保健関連の相談
  • 肢体不自由、自閉症などに関すること、視聴覚・言語発達・知的障害などへの相談
  • 未遂も含め、犯罪行為をおこなってしまうなどの非行に関する相談
  • 家庭内のしつけ、不登校、進学適性など育成に関する相談

など、各々の事例に対し、面接や家庭・施設訪問を通じて問題を把握し、解決策の検討と実行に取り組みます。

先輩職員の声

Close

業界内でも高水準、想像以上に働きやすさを感じられる職場です。

児童福祉司(採用区分)、熊谷児童相談所勤務、児童養護施設からの転職 

前門 飛鳥(採用4年目)

もともと民間の児童養護施設で6年ほど働いていました。当然、児童相談所の職員とやり取りする場面も多かったですし、その中で「児相の仕事」に興味をもったことがきっかけ。その後、結婚や出産を経て、中央児童相談所の非常勤職員として働いた後、児童福祉司として埼玉県に入庁。「ここで、職員のみんなと一緒に働きたい」と思えたことが一番のモチベーションでしたね。
私たちの仕事は、非常にナイーブなテーマを扱いますし、様々な人の感情に触れます。気を張って対処する場面もありますが、その分、普段の職場では皆がリラックスしているというか...上手く気持ちの切り替えをしている印象がありますね。もちろん、研修制度の充実であったり、様々な知見を持った先輩からアドバイスをもらえたりと、バックアップ体制は万全。過去と比較しても働きやすい職場であると思います。
また、非常勤時代からなのですが、育児との両立に理解が高い職場なのが特徴だと思います。子供の急病などによる突発的な休暇も取りやすく、ワーキングママの先輩も多いため、いろいろ励まされます。ワークライフバランスをしっかりと保てる環境ではないでしょうか。

Close

埼玉の児相ならではのノウハウを、現在進行形で学んでいます。

児童福祉司(採用区分)、中央児童相談所勤務、高齢者施設からの転職 
佐野 直樹(採用3年目)

前職は主に高齢者支援をおこなう医療法人で働き、病院の相談員や、高齢者のご自宅を訪ねて困り事に応える相談窓口を担っていましたが、約10年のキャリアを節目に転職を決意。
かねてから子供が好きで、児童福祉に興味を持っていたこともあり「社会福祉士の資格を活かし、児童相談所で働く」ことを選択。埼玉県だったのは、他よりも児相の歴史が長く、きっと多くのノウハウや頼りになる先輩方も多いだろうという気持ちから。入庁後、その見立てに間違いがなかったことを感じています。
かつての経験から、面談対応やトークスキルには多少の自信もあったのですが、働きだすと勝手が違う部分もありましたし、自身の判断にスピード感が足りないことも実感。過去は過去として、新たな学びを積み重ねているところです。
また、一つの職場としてみたとき、提示された待遇通りの働き方ができたり、休日もキチンと確保されているのは嬉しかったですね。産休・育休等の制度も整っていますし、制度導入についても、積極的にディスカッションをするなど、柔軟さも持ち合わせているところは、いい意味でのギャップでした。
そんな充実した環境で、使命感を胸にこれからもキャリアを築いていきたいです。

SCHEDULE

1日のスケジュール

8:30

出勤

まずはその日の業務内容を確認し、事務連絡などに対応します。

9:30

児童との面接

児童の気持ちに慎重に寄り添い、様々なお話を引き出します。

11:30

ご家族宅を訪問

親御さんを直接訪ね、現在の状況などを詳しくヒアリングします。

13:00

お昼休憩

内勤と外出、その日の予定によって、休憩時間は前後します。

15:00

職員との打合せ

面談などで得た情報をもとに支援プログラムを検討し、組み立てます。

17:15

退勤

事務処理や報告書作成などをおこない、一日の業務終了です。

Flow

職員採用選考受験までの流れ(ある職員の場合)

  • 受験を志す(受験6か月前)

    転職を考える中で「児童福祉司」の仕事を選択肢に入れる。

  • 情報収集(受験5か月前)

    どんな仕事であるのか、受験資格に当てはまるか情報収集。

  • 面接対策/論文対策(受験4か月前)

    論文・面接対策として、経歴や人物像、得意分野を振り返り。

  • 受験

    受験に臨む。面接では「経験を活かしたい」旨をアピール。

  • 合格

  • 現職場の引継ぎ

    合格後、現職場での引継ぎを進めるのと同時に、転職準備。

  • 入庁