仕事内容を知る

心理職 職員採⽤上級試験/
経験者職員採⽤試験 

心理職(職員採用上級試験)は21~29歳までの方、
心理職(経験者職員採用試験)は昭和37年4月2日以降に生まれた方(59歳未満)が対象です。※

※令和3年4⽉1⽇現在

本庁の各課、各児童相談所、総合リハビリテーションセンター等に所属し、心理判定や、支援プログラムの作成などに取り組みます。

心理職とは?

担当する業務

心理学という学問をベースに置いた「心理判定」をおこなう他、心理療法や支援プログラム作成に関わり、必要な「支援」をおこなっていきます。エビデンスに基づく判断が最も重要ではありますが、マニュアルだけに捉われた業務ではなく、児童の置かれた状況を踏まえた柔軟な対応も大切。対象者のリアクションをしっかりつかむことが業務のポイントです。

勤務場所などの説明

県内に7か所設置された児童相談所、上尾市内に設置された身体及び知的障害者更生相談所である「総合リハビリテーションセンター」、または本庁勤務となります。これらの中から、適性はもちろん居住地も考慮のうえで、勤務先が決定されます。

具体的な
仕事内容

児童相談所

  • 主に知的障害のある児童(18歳未満)への療育手帳交付における検査、虐待を受けた児童との面談、里子などの心理判定を実行する他、児童福祉司と協力して、児童の"これから"を考える「心理相談担当」
  • 児童養護施設に入所している児童などが家庭に戻るにあたり、面会から引き取りまでの『家族支援プログラム』を親子と話し合って作成し、段階的な家庭復帰を支援する「家族・自立支援担当」

このいずれかを受け持ちます。どの役割も専門的な心理学の見地からの判断が求められる仕事です。

総合リハビリテーションセンター

知的障害者(18歳未満)への療育手帳交付における知能検査や手帳交付などをおこないます。

先輩職員の声

Close

段階を経てレベルアップできる環境で、あなたらしい働き方を。

心理職、南児童相談所勤務、担当部長 
杉浦 希

入庁以来、各児童相談所だけではなく、発達障害支援センターなどでの勤務も経て、担当課長職に。そして今は担当部長職となり、組織マネジメント全般に取り組むほか、児童への対応方針を決める会議に参加し、心理学的知見から意見を述べるなどしています。
新たに加わった職員の育成に取り組むのも役割の一つ。そのうえで、埼玉県は若い人材を育てるプロセスが丁寧である、と考えています。先輩の業務を見学→ロールプレイングを実施→先輩同席のもとで実務に挑戦→独り立ち以降も事案の都度に振り返り...と、段階的なレベルアップを促す仕組みが整っているのが大きな特徴ですね。
また、児童相談所で心理職を志すのであれば、プライベートな場面でもよいので、子供たちと接する機会を増やし、遊びの中からでも「子供を知る」努力をして欲しいですね。
もちろん試行錯誤の伴う業務ですし、すぐに結果が見えないケースもあります。しかし、だからこそ挑戦する価値のある仕事と言えるのではないでしょうか。ぜひとも「私たちにしかできない役割がある」ことを誇りに取り組んで、あなたが思う最良のキャリアを築いてくださればと思います。

Close

工夫を凝らした触れ合いで信頼を築き、児童の心を軽くする。

心理職、中央児童相談所勤務 
福田 まゆ子(採用13年目)

不登校などの社会問題を目にすることで、子供の頃から漠然と、"心のケア"をできる仕事に就けたらと考えていたんです。学校で心理学を学び、中央児童相談所での非常勤勤務を経て、正規職員として入庁。中央児童相談所などで心理相談を担当しています。
業務に臨むうえで大切にしているのは、「私たちは頼れる大人だよ、怖くないよ」と児童に伝えること。児童は大人に安心感を持てないケースが大半ですし、マニュアル通りに対応したからといって、こちらの話を聞いてくれるとは限りません。工夫を凝らし、極力負荷をかけない検査や面談を意識しています。そんな取り組みを通じ、少しずつ児童たちが私たちを頼ってくれたり、ポジティブな変化を見せてくれると、喜びを感じますね。
職場の同僚も皆、温かみのある方ばかりですし、辛いことも共有し、ストレスを分け合える存在。研修も充実していますし、しっかりキャリアを重ねていける環境だと思います。そのうえで、この仕事を先に志した先輩としてアドバイスするなら、人間性が問われる福祉の仕事だけに、常識や社会性を大切にして欲しいということ。気分転換の方法や趣味を見つけ、日々の生活を充実させることも大事だと思いますよ!

SCHEDULE

1日のスケジュール(児童相談所勤務)

8:30

出勤

メールチェックやその⽇の予定確認、資料整理などをおこないます。

10:00

児童の心理判定

児童の体調や心理状態も踏まえ、一時間程度の検査を実施します。

12:00

お昼休憩

その日の検査予定に合わせて、時間は前後。柔軟に対応します。

13:00

療育手帳交付の検査

児童の検査をおこない、保護者の方からもお話を伺います。

16:00

記録作成や電話応対

報告書類を作成する他、児童相談所への問合せは所員全体で対応します。

17:15

退勤

育児勤務で周囲のサポートもあるため、残業はほとんどありません。