仕事内容を知る

福祉職職員採⽤上級試験

福祉職(職員採⽤上級試験)は21〜29歳までの⽅が対象です。※

※令和3年4⽉1⽇現在

本庁の各課、または各児童相談所・福祉事務所に所属し、ケースワークや⽣活指導をはじめとする業務に従事。困難を抱える⽅々の「⽀援」に取り組みます。

福祉職とは?

担当する業務

児童相談所のケースワーカーとして、児童の養育に関する支援や、福祉事務所の⽣活保護ケースワーカーとして、⽣活や就労への⽀援などを担当します。そのほか、本庁などで事務的な役割を担うこともあります。

※社会福祉主事の任⽤資格を持つことが条件ですが、必ずしも児童福祉司の任⽤資格が必須となる職種ではありません。

勤務場所などの説明

埼⽟県には7つの児童相談所、4つの福祉事務所が置かれており、本庁勤務となるケースも含めて、居住地を考慮のうえで勤務先が決定されます。また、業務内容によっては頻繁に外出し、児童やその保護者を訪問したり、関係各所と連携を図る場⾯も少なくありません。

具体的な
仕事内容

児童相談所

  • 18歳未満の児童に関する虐待や養育 、⾮⾏、障害といった様々な相談に対して、⾯接や家庭・施設訪問を通じて問題解決に取り組む「虐待・相談指導担当」
  • 保護を必要とする児童を⼀時的に預かる、⼀時保護所の児童指導員として⽣活・学習指導をおこなう「保護担当」
    こういった役割を果たすため、児童⼀⼈ひとりと直接向き合い、必要な援助をおこなうための信頼構築を⽬指していきます。

福祉事務所

健康⾯に課題を抱えて働くことができないために困窮する⽅などからの相談に応じて、⽣活を保障するための支援を行います。それと同時に、就労などにより⾃⽴した生活が送れるよう⽀援をおこなっていきます。具体的には、窓⼝での相談対応、対象者の家庭を訪問しての⽣活状況確認、⽀援を担うことのできる家族・親族との面接などにあたります。

その他の職場(本庁、総合リハビリテーションセンターなど)

児童相談所や福祉事務所ではなく、本庁に勤務し、事務や運営に関わる様々な業務に携わる職場もあります。数年スパンでの異動もおこなわれているため、⼀つの業務にずっと従事するだけではなく、幅広い経験を積み、⾃⾝のスキル向上につなげていくことが可能です。

先輩職員の声

Close

専⾨職としてスキルを磨いた先に、確かなキャリアが広がります。

福祉職、川越児童相談所勤務、担当課⻑ 
橋本 彩

学生時代から社会福祉の勉強をしていて、その中でも児童福祉に興味を抱き、埼玉県に福祉職として入庁。川越、越谷、そして本庁勤務とキャリアを歩み、今年4月からは川越児童相談所の担当課長という立場で9名の職員をマネジメントしています。
主な業務としては、職員がそれぞれ担当している事案の進行状況を確認し、その都度出てくる課題に対して、所長をはじめ全体で話し合い、解決策の方向付けをおこなうこと。もちろん一人のプレイヤーとして事案に向き合う場面もありますが、私の場合は管理業務が主体です。
そんな中で「丁寧かつ真摯に児童や親御さんに向き合う」ことは大前提ですが、特に強く部下たちに伝えているのは「満足することなく知見を深めてほしい」ということです。私たちは埼玉県において「福祉職という専門職」として採用されているわけですから、専門知識の習得には絶えず取り組んで欲しいんです。管理者としても、様々な経験を伝えることで"福祉のプロ"としての成長を後押ししていくつもりです。
当然、着実にスキルを磨き、周囲にも目を配れるようになっていけば、評価もついてきます。子供が生まれても働きつづけられる環境ですから、皆さんもキャリアアップを目指して取り組んでいただきたいですね。

Close

仲間と助け合い、「なぜ」を想像して真摯に人と向き合う仕事。

福祉職、熊谷児童相談所勤務 
三島 剛史(採用10年目)

以前は社会福祉協議会で働いていて、様々な福祉に携わっていたのですが、どこかやり切れない部分があって「もっと子供たちを支える仕事がしたい」という想いから転職を決意。埼玉県を選んだのは、児童相談所運営で全国の先を進んでいるというイメージがあったのと、ここならば"やりたい事"ができるのでは、と思えたのが決め手でしたね。
入庁後、ケースワーカーとして一つひとつの事例に向き合うと、やはり「簡単な仕事ではないな...」と実感することに。最初に児童と会った時は少しだけ会話ができたけど、次に会った時は全く何も話してもらえない、なんて事もありましたし、時にはキツい言葉をぶつけられる事もありました。
そんな状況を少しずつ打破できるようになったのは、結果だけに目を向けるのではなく「なぜ、そんな感情になっているのか?」を相手の立場で想像できるようになってから。この境地に至ったのも、上長や同僚と想いを共有し、ざっくばらんに悩み相談できるようになってからな気がします。
一人で仕事を抱える必要はないですし、後輩にもそんなスタンスで接しています。そのうえで、困っている児童や親御さんに寄り添い、もっと力になっていきたいですね。

Close

様々な「人生」に触れる仕事は、責任と充実を感じる毎日です。

福祉職、西部福祉事務所勤務 
新井 華子(採用15年目)

もともと大学で児童福祉を学んでいて、実習などで児童相談所に触れる機会もありました。そして埼玉県への入庁後は、いくつかの児童相談所で虐待・相談指導などを担当。もっと業務の枠を広げていけたらと考えていた際に、福祉事務所への異動が決まり、生活保護担当に新たに挑む形となり、今に至ります。
児童福祉とはまた違った領域となりますので、まずは法律面を含めた専門知識を得るための勉強からスタート。その点、様々な角度からの研修や上長のサポートが充実している埼玉県でよかったな、と感じる場面はとても多かったですね。
生活保護と一口に言っても、利用申請をおこなう一人ひとりが個別の事情を抱えています。高齢で疾患を抱える方や、いわゆる"身寄りのない"方も少なくないですし、私たちの判断が生活を大きく左右します。児童相談所と同様に責任のある仕事だといえますし、利用申請者には敬意をもって接することを忘れないようにしています。
ただ、私自身はそんな様々な人に触れる仕事に対し、語弊を恐れずに言えば"やりがい"を感じていますし、様々な"人生に触れる機会"を貴重だと捉えています。人としての学びも多く、世の中を見る視点が増えたと感じています。

SCHEDULE

1日のスケジュール(児童相談所勤務)

8:30

出勤

まずはメールチェックや前日までの申し送りなどを確認します。

9:30

事務作業

メールや電話で必要な返答をし、事務連絡をおこないます。

10:00

保護者との面接

何度かお会いしている保護者の方に近況を伺い、状況を把握します。

12:00

お昼休憩

外出に伴う形でお昼休憩。時間は⾯接予定に合わせて前後します。

14:00

児童との面接

ご⾃宅や学校などを訪ねて⾯接。緊張をほぐし、丁寧にお話を聞きます。

17:15

退勤

⾯接後には報告書を作成し、完了次第退勤。